人気ブログランキング |

食いしん坊な私のグルメレポート、2007年6月17日から飼いはじめたにゃんこの成長記録など。


by nachako

憧れの諏訪神社

   

おくんち好きの私にとって、諏訪神社で結婚式をするなんて・・・
本当に憧れでした。








Akiとの結婚を意識し始めてから
「籍を入れるだけでいいかなあ・・・」なんて思っていたのに
挙式はせっかくだから憧れの諏訪神社で。と思うようになって

そしたら披露宴も。なんてことになり・・・。


とはいえ2回目ですからねえ(汗)


考えた末、親族だけで結婚式をすることにしました。


Akiのお母さんと妹のAiちゃんが私のことを考えてくれて
誕生日を迎える前に結婚式をしたらどうか、ということを
提案してくれて。

12月という月が決まりました。

披露宴を行う「ロイヤルチェスターホテル」さんのブライダル担当の方と
日程、会場を相談してすぐに諏訪神社さんへ挙式の予約の電話をしたところ
希望の日、なんとかあいているとのことでした。

朝一番の挙式、9:30から。

12月はお正月の準備があるため、儀式殿は使用できないそうで
拝殿での挙式となりました。

現実的な話、儀式殿と拝殿では挙式代が2倍違うんです。

それだけ聞くとちょっとひるみそうになりましたが、
またまたここで大きな後押しが。


挙式の予約を入れたすぐあとに、Akiのお母さんとAiちゃんが
諏訪神社まで足を運んでくれたそうで。

そこで神社の方が丁寧に案内をしてくださり、拝殿を見て

「絶対、拝殿での挙式がいいよ! それだけの価値があるよ!」

そう言ってくださいました。

心はしっかりと決まりました。



2度ほど見学に行きましたが、拝殿の静かで神聖な雰囲気。
身も心も引き締まる思いになります。



結婚式当日。

前日の天気予報は曇りのち雨。

贅沢は言わない、降らないでくれれば。


そう願いながら自宅を6:40出発。

7:00から着付けを行い、9:00 諏訪神社、到着。


素晴らしい親族控え室へ行ったのもつかの間、すぐに挙式の説明が。


そしてほどなくして挙式となりました。


手水の儀(手を洗い身を清める)の後、式場へ。


ピンと張り詰めた空気。

とても神聖な・・・。


お祓い、祝詞奏上、三三九度の儀。

ほどよい緊張の中、指輪交換の儀へ。


まずはAkiから。

指輪を手にして・・・って!
それ、自分(Aki)のですから!

「逆です」と小声で私。

ちょっとおかしくて顔がほころぶ。

あわてて指輪を置いて、私の指輪をとり、気を取り直して・・・。


指にはめてもらったけど、間接のところで止まってなかなか入らず(涙)
自分でつけました(笑)


次は私から。

と、出された手をみてふと・・・あれ??どの指だったっけ??と迷う。

『なんか変だなあ・・・。こちらの手って右手では??』



と思っていると巫女さんが「逆の手です」とこっそり教えてくれて・・・


これにはもうたまらず私も笑いがこみ上げて。

声を出さずに笑うって大変。


会場からも少し笑い声が。

私も笑いを抑えるから背中が震えちゃって(笑)




いやいや、やってくれました。

でも緊張がほどけて場が和んだ感じもあり。



それから誓いの詞を奏上。

玉串奉奠。

後から何度もAkiが言ってたけど。

この玉串(榊の枝)を渡されて、時計回りにまわして、木の根元を
神様に向けてお供えするんだけどこの「時計回り」にばかり
気をとられていて、間違ったそうです。

指輪の交換のときに、ね。


そのおかげで玉串奉奠は無事に終了。

神楽舞、親族盃の儀があり祭主さまからのお言葉がありました。



その中で心に深く刻まれた言葉。

「相和し、相敬し(あいわし、あいけいし)」

誓いの詞でもAkiが読んだ言葉なのですが、夫婦の関係は

相和し・・・互いに仲良く
相敬し・・・お互いの立場をわきまえて、お互いを尊敬する

このことで時間をかけて深まっていくのだと教えられました。


確かに・・・。


Akiもよく言ってる。

二人が仲良くしていくことが一番なんだって。


改めて「仲良く」という詞の意味を考えました。


これからもずっと仲良くしよう。そう心に刻みました。



挙式が終わってからは次の挙式の方がいらっしゃるとのことだったので
早めに帰らないといけないのかな、と思っていたら嬉しいサプライズが。


諏訪神社の階段で親族写真を撮る手はずになっていて。


私たちは今回の結婚式、前撮りはしたものの、当日の会場では
写真を撮っていただくようにはお願いしていなかったんです。

それが、写真スタジオの方が諏訪神社で待っていてくださって
撮ってくれてる。
おまけに披露宴会場でも。


実は、Akiのおかあさんからのサプライズプレゼントだったんです。

こちらの写真スタジオの方とお友達とのことで、私たちに内緒で
結婚式の写真を撮っていただくようにお願いしてくださったそうです。


親族写真を撮っていると・・・曇っていた空から光が射してきて
まぶしいくらいの陽射しに感動せずにはいられませんでした。


このご縁を大事にしよう。

お互いの家族を親族を大事に、大事にしよう。

そう、心に誓いました。



最高の挙式でした。

最高の一日の始まりです。


             
今日はここまで。

           続く・・・







































f0142768_045262.jpg

by nachako | 2011-12-13 22:46 | 自分のこと